リチウム電池はマイナス極にリチウムを利用した電池です。
リチウムイオン電池と間違えられることがありますが、リチウムイオン電池は充放電を繰り返すことが出来るのに対しリチウム電池は充電できず使い切りの電池という明確な違いがあります。
主にボタン型の電池がリチウム電池の主流です。
リチウム電池には酸化銀電池・アルカリボタン電池・コイン型リチウム電池など用途に応じて多用な種類が存在します。
酸化銀電池は使用開始から終止まで電圧がほぼ一定という性質があり、時計や電子体温計など精密な動作が要求される電気機器に用いられることが多い電池です。
経年劣化しにくく最長で20年間保存できることも大きな特徴の1つです。
その分外の電池よりも値段が高く付きます。
アルカリボタン電池は正極に二酸化マンガンを使用しており生産コストを抑えた電池です。
但し酸化銀電池にある電圧保持性能がない為、放電すると電圧が低下してしまいます。
その為、時計などの精密機器ではなく携帯ゲーム機や万歩計など電圧低下の影響がない電気機で使用されることが多いです。
コイン形リチウム電池は幅広く利用されている電池でビデオデッキ、パソコン、炊飯器、リモコン、電子辞書、万歩計など様々です。http://xn--42-zg3c50hzy6d.jp/